売買代金急増 |  5日移動平均線(上抜/下抜) |  過去20日間ブレイク(高値/安値) |  RSI銘柄(急上昇/急低下) |  2営業連続5日移動平均線(上抜/下抜) |  移動平均乖離率(上位/下位)
銘柄名・証券コード

スポンサーリンク

ɂقuO uO

新規公開予定銘柄

  • 公開予定銘柄はありません

直近公開済み銘柄

売買代金急増銘柄

順位
銘柄コード
銘柄名
終値
前日比

1位  ボルテージ
1,535
+154 (+11.15%)

2位  フタバ
931
+150 (+19.21%)

3位  新電元
517
+10 (+1.97%)

4位  きんでん
1,687
+132 (+8.49%)

5位  ネットワン
1,017
+103 (+11.27%)

6位  高砂熱
1,726
+131 (+8.21%)

7位  イビデン
1,960
+180 (+10.11%)

8位  日本CMK
733
+44 (+6.39%)

9位  オリコン
284
+1 (+0.35%)

10位  アンリツ
901
+94 (+11.65%)

銘柄ランキング(カブ知恵独自ロジック)

更新日:2017/04/28  ※表示がない場合は更新中です。更新は開催日の17時頃です。



ロジック説明

※ロジックの抽出条件およびランキングは、カブ知恵独自のものです

売買代金急増銘柄

売買代金は株価に先行するとされます。また、売買代金を伴った株価上昇は上昇トレンドの起点に、逆に、売買代金を伴った株価下落は下落トレンドの起点に、それぞれなる可能性が高いのです。

5日移動平均線銘柄(上抜き・下抜き)

当日の株価が5日移動平均線を上抜いた銘柄は短期的な上昇期待が高まった銘柄です。逆に、当日の株価が5日移動平均線を下回った銘柄は、短期的な下落リスクが警戒される銘柄です。

過去20日間ブレイク銘柄(高値・安値)

過去20日間の高値を上抜いた銘柄は上昇トレンドが発生した可能性が高い銘柄です。逆に、過去20日間の安値を割り込んだ銘柄は下落トレンドが発生した可能性が高い銘柄です。

RSI銘柄(急上昇・急低下)

RSI(Relative Strength Index)とは、オシレーター(振幅を測るもの)系テク ニカル分析の一種です。RSIは、過去一定期間の変動幅における上昇分の割合で す。過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の 合計(いずれも絶対値)を足した数字で割って、100を掛けたもので、0%から100% の範囲で推移します。このRSIが急上昇した銘柄は市場での人気が急上昇した可能 性が高い銘柄であり、逆に、急低下した銘柄は急激に人気が落ちた可能性が高い銘柄 です。

2営業連続5日移動平均線(上抜き・下抜き)

当日の株価が5日移動平均線を2営業連続で上抜いた銘柄は超短期的な上昇期待が高まった銘柄です。逆に、当日の株価が5日移動平均線を2営業連続で下回った銘柄は、超短期的な下落リスクが警戒される銘柄です。

移動平均乖離銘柄(上位・下位)

移動平均乖離銘柄は、5日移動平均線と25日移動平均線との乖離における乖離幅の割合です。基準線を25日移動平均線とし、5日移動平均線がどのくらいの上下幅かを示します。100%以上の銘柄で、且つ、数値が大きいものから上位、逆に100%以下で、且つ、数値が小さいものを下位とします。この移動平均乖離が上位の銘柄は市場での上昇トレンドの傾向銘柄であり、逆に、下位の銘柄は下降トレンドの傾向銘柄です。